マンションやアパートなどの賃貸に住んでいて窓ガラスが割れてしまった場合、 修理をどうするのかは悩ましい問題です。割れたらどう対処すればいいのか、すぐに答えを出せなくて迷ってしまいかねません。また修理費はいったい誰が負担するのかなど、費用のことが気になるはずです。そこで賃貸の窓ガラスが割れてしまった場合の対応についてアドバイスします。

賃貸の窓ガラスが割れた時はまず大家さんに連絡

もしも 賃貸の窓ガラスが割れた時は、自分自身で修理しようとせずに大家さんに連絡することが最優先です。窓ガラスが割れたらすぐ専門業者に依頼して窓ガラスを修理してもらいたくなりますが、その前に大家さんに連絡して指示を仰ぐのが適切な判断です。窓ガラスが割れた時どうするのか、大家さんなら心得ています。たとえば提携しているガラス修理の専門業者に依頼してもらえる場合がありますので、借主の自己判断で対処するのは控えなければいけません。保険会社への連絡なども大家さんに任せたほうが安心ですし、まず第一に大家さんに連絡するのが正解です。

賃貸の窓ガラスの修理費について

たとえば住んでいる賃貸マンションの窓ガラスが割れてしまった場合の修理費ですが、どのような原因で割れたのかが修理費の負担に関係します。もしも借主のミスや意図的に割った場合などは、やはり借主が修理費を負担するのが一般的です。ただ貸主の意向によっては、借主のミスによって窓ガラスが割れた場合に修理費を負担してくれることがあります。また台風などで何かが飛んできて窓ガラスが割れた場合や、経年劣化で自然に割れてしまった場合などは、貸主の負担となることが多いです。ガラスの修理費の負担は、窓ガラスが割れてしまった原因が深く関係します。

賃貸の窓ガラスの修理の流れ

もしも賃貸アパートの窓ガラスが割れて大家さんの指示のもと専門業者に修理してもらう場合、まず始めにスケジュール調整をしなければいけません。いつ専門業者に修理してもらうのか、日取りを決める必要があります。窓ガラスの修理にかかる作業時間は、状況などで異なります。場合によっては修理が長引いてしまうこともありますので、できるだけ次の予定がない日時を選んで修理してもらうのが確実な方法です。もしも気になる点があったらすぐ専門業者に聞き、その場で疑問を解決させるのがおすすめです。窓ガラスの修理をしてもらう際は、このような流れになります。

まとめ

賃貸の窓ガラスが割れてしまったら慌ててしまいがちですが、落ち着いて冷静に対処すれば大丈夫です。マンションでもアパートでも、修理の流れは変わりありません。まず大家さんに連絡を入れて指示を仰げば、きちんと対応してもらえます。窓ガラスが割れた原因によって修理費の負担先が変わりますから、その点も含めて大家さんとよく相談することが大事です。