窓ガラスにひびが入ったときはすぐに修理をしてもらいたいものですが、かかる時間や期間がかかるとセキュリティの面で不安になります。修理は交換より安くて時間がかからなくて便利ですが、即日に対応してもらえるようにしたいものです。この記事ではどのようなパターンがあるか紹介するため、流れを確かめて安心して暮らせるようにすると良いと思います。

かかる時間は状況によって変わる

窓ガラスの修理は依頼すると見積もりをしてからすぐに作業に取りかかる業者が多く、事前にガラスの種類や大きさ、状況を伝えれば道具を持参して来るため到着後に40分程度でできます。しかし、修理では対応できない状況では交換するため費用や時間がかかることもあり、業者が到着して調査をしてもらって分かるケースも多いです。即日対応が可能であれば施工費用と出張費用のみになりますが、破損状況によっては交換が必要になりガラス代も加算されるケースがあります。また、特殊なガラスになると修理の方法が難しく業者の倉庫に取りに行く必要があり、時間が長くなり費用が割高になりやすいです。

作業の流れを確かめよう

窓ガラスの修理を依頼するときは空き巣による打ち破りなどが起きないようにし、作業の流れを確かめて依頼する必要があります。作業は応急処置をして行いますが、ひび割れがあれば状況によっては交換するほうが良いこともありきちんと調べてもらうことが大事です。かかる時間は応急処置で破片が飛び散ることを避け、ひびが入った部分を埋め合わせて強化するまでになり傷が浅ければ15分程度でできます。しかし、複数箇所あれば時間も長く費用も高くなり、多くなれば交換をすればセキュリティを強化できて効果的です。このため、現地に業者が到着すると検査してもらい、見積もりの内容を確認して納得して依頼する必要があります。

保険が適用されれば費用が安くなる

窓ガラスの修理はなるべく早くしてもらいたいものですが、状況によっては保険が適用される場合もあります。適用される保険は火災保険や家財保険があり、加入していれば修理を依頼する前に伝えて適用されるか確認すると便利です。夜間に強風でガラスにひびが入ってすぐに依頼するときは保険会社に事前に連絡できないこともあり、代金を支払って領収証を受け取って申請をすれば緊急の場合にも対処できます。保険が適用される場合は修理費用が実質無料になるケースもあり、作業が完了するまでにかかる期間をできるだけ短くするようにすると安心です。

まとめ

窓ガラスの修理にかかる時間はガラスの種類や状況によって変わりますが、なるべく短くするようにしないとセキュリティが低くなり不安になります。修理を依頼するときは保険が適用される場合もあり、会社に状況を報告して確認すると実質無料でできて便利です。しかし、修理では対応できない状況では交換する必要があり、かかる時間が長くなり費用が高くなります。