家に欠かせない「窓ガラス」は、場所や用途によって使い分けます。例えば、2階の窓なら、外から見えないすりガラスが採用されます。そんな窓ガラスが、壊れたり割れると修理が必要です。値段は、種類によって差があり修繕にかかるその他の費用も生まれてきます。もし修理を行いたい人は、料金の相場を紹介するので参考にして欲しいです。

交換費用に、いろいろ含まれる

窓ガラスを修理するには、「専門業者」に依頼する事になります。電話から予約、壊れた状況などを確認してから作業スタッフが家に来ます。そして、交換する作業が始まりますが、必要な料金は、いくつか加算されるはずです。例えば、窓ガラスの費用以外に、「施行費」「出張費」「処分費」なども含まれます。早い話、これら全部の値段を払う必要があります。施行費などは、手間や時間がかかる場所になると高くなるケースも。修理にかかる費用は、どの部位、箇所でも諸経費が加わる事を知っておきましょう。業者を選ぶ時は、かかる値段で比較するのも良いです。

窓ガラスのサイズによって異なる

家の外を見たり雰囲気を明るくする窓ガラスは、修理にかかる本体費用としてサイズごとに異なります。トイレなどの小窓から、リビングやキッチン用の大きな窓ガラスまで値段もいろいろです。また、厚さや機能にもより、必要経費も高くなると考えましょう。窓ガラス本体の値段としては、縦横が1メートルサイズなら「1万円」ぐらいになります。また、キッチンの大きく長いサイズになると、「2万円」以上の値段です。これに、諸経費が加算されて修理代費用になって行きます。人によっては、自分で窓ガラスを買って修理をしようとするケースがありますが、隙間が開いたり、危険な場合もあるので専門業者に依頼する方が安全です。

ガラスの種類による相場価格、値段を知ろう

窓ガラスの種類に、「フロートガラス」「型番ガラス」「すりガラス」「網入りガラス」などがあります。普通の窓に使用されるフロートガラスは、修理の値段として比較的安い値段になります。費用相場として、厚さが「3ミリ」「90センチの縦横」なら、平均は2万円ぐらいです。厚さが5ミリになると、6千円ほど高くなるのが基本です。また、横90センチ縦180センチのキッチン用窓ガラスになると、3ミリの厚さは、「3万5千円」5ミリなら「4万2千円」が相場の値段になります。防犯対策に力を入れたい人は、「「防犯ガラス」を使用すると良いです。外部からの衝撃に強く、穴が開きにくい特徴があります。縦横90センチの防犯ガラスなら、修理の値段は3万円が平均相場になります。

窓ガラスの修理は、見積もりをチェックする

何かの理由で窓ガラスが壊れれば、まず専門業者選びから始めます。地元で業務を行っている業者が良く、早く修理をしてくれるはずです。まず、電話依頼を行えば、「見積もり」を出してくれます。この時、かかる費用は「無料」が基本です。たまに、有料のケースもありますが、断る方が無難です。そして、修理にかかる費用なども確認し平均相場と比べます。納得する値段であれば、お任せして修理をしてもらいましょう。